境界のRINNEの買取相場

タイトル 境界のRINNE
作者 高橋留美子
出版社 小学館
発売年 2009-2018年
全巻・既刊 全40巻(完結)

今回は境界のRINNEの買取価格相場を調べてみました!

境界のRINNEの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
いーあきんど 3930円
Vaboo(バブー) 3790円
あおば堂 3770円
ホビーマン 3610円
売っ得ドットコム 2480円
リーヴルアンジュ 2330円
ULSTORE 2190円
ブックセンター 1810円
漫画買取マニアックス 920円
くまねこ堂 490円

境界のRINNEを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

境界のRINNEのあらすじ

境界のRINNEはうる星やつら、めぞん一刻などの作品で有名な漫画家、高橋留美子の最新漫画です。
人間と死神の混血である六道りんねと、霊が見える女子高生の真宮桜が物語の中心となっています。
りんねは高校生活と並行して、死んだ人間の魂を輪廻の輪なる場所まで導き転生させるという死神の仕事をしています。
人間の世界で学生をしながら幽霊騒ぎを解決し、父親に背負わされた借金を返済しつつ暮らしているのです。
そんなりんねのもとに桜が加わり、一緒に依頼を解決する中で徐々に絆を深めていくラブコメディーです。
りんねの受ける依頼の内容が多岐にわたるので、ホラー要素やハートフルな要素、バトル要素もあります。
さらに人間界と死神界という二つの世界が存在するので、パラレルワールド的な要素もあります。
混血であるりんねが二つの世界の間でどのように生きるかもひとつの要素となっています。
また、メインの二人の他にもマスコットキャラである契約黒猫の六文、退魔師であり桜に恋をしている同級生の十文字、りんねに借金を押し付けた父親の鯖人など、巻数を追うごとに多数のキャラクターが登場します。
依頼ごとに話が完結するため短編の連作の形式になっています。