バガボンドの買取相場

タイトル バガボンド
作者 吉川英治、井上雄彦
出版社 講談社
発売年 1998年
全巻・既刊 37巻

宮本村に生まれた新免武蔵は幼なじみの本位田又八と共に関ヶ原の戦いに参加し、そして敗れた。
幼いころより母も知らず、父・無二斎には恐れられ、宮本村の村人にも忌み嫌われ、生きる意味を感じることなく戦いに身を投じていた。
しかし、辻風組との戦いや沢庵との会話を経て、剣の道に生きる決意を固め、「宮本武蔵」と名乗り、天下無双を目指す流浪の旅に出る。

さっそく、バガボンドの全巻買取価格相場を発表したいと思います。

バガボンドの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
駿河屋 2910円
Vaboo(バブー) 2840円
いーあきんど 2740円
アローズ 2630円
tsutayaの宅配買取 2610円
ブックステーション 2490円
ブックオフ 2380円
まんだらけ 1830円
セコハンバイヤー 1580円
ホビーマン 1410円

バガボンドを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

バガボンドのと登場人物

宮本武蔵
新免無二斎の息子。
初名は新免 武蔵。
人の温もりを知らずに育ち、人並外れた破天荒な行動から周囲との衝突が絶えず、孤独だった。
強敵・吉岡伝七郎との戦いでライバルを得て、再び戦う日のために天下無双を目指し、剣の腕を磨くバガボンド(放浪者)。

佐々木小次郎
鐘巻自斎の弟子だった佐々木佐康の息子。
赤ん坊のころ、佐康の手紙を携えたまま漂着して世捨て人となっていた鐘巻自斎に育てられる。
生来の、耳は聞こえないが、視覚や触覚が発達しており、自斎や伊藤一刀斎に師事し、剣の道に生きる。
もう一人のバガボンド。

吉岡伝七郎
吉岡流当主・吉岡拳法の次男。
愚直な武門の子として剣の道に生きる。
過去には佐々木小次郎と戦ったこともある。
吉岡道場での戦いでは武蔵と互角以上の戦いの末、「もっと強くなった貴様が見たい」と再戦を約束し、武蔵を逃した。