血界戦線の買取相場

タイトル 血界戦線
作者 内藤泰弘
出版社 集英社
発売年 2009年
全巻・既刊 全10巻(完結)

今回は血界戦線の買取相場を調べてみました!

血界戦線の全巻買取価格相場は?

血界戦線を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

血界戦線のあらすじと登場人物

血界戦線は内藤泰弘によるマンガです。
かつてニューヨークと呼ばれた「ヘルサレムズ・ロット」は、一晩にして異界と人界が交わる街へと構築され、超常的な日常や犯罪が飛び交うようになりました。
そんなヘルサレムズ・ロットで、異界と外界の均衡を守るために「秘密結社ライブラ」は秘密裏に活動を行っています。
クラウス・V・ラインヘルツ率いる秘密結社ライブラの構成員は、様々な能力を駆使し血界の眷属(ブラッドブリード)と言われる異界の住人たちと日夜戦いを繰り広げています。
主人公の少年レオナルド・ウォッチは、半年前の事件で異界の存在と遭遇したことで、異能の「神々の義眼」を得ましたが、かわりに妹が視力を失うという経験をしました。
妹を救うために再訪したヘルサレムズ・ロットで、レオナルド・ウォッチは秘密結社ライブラの新人と勘違いされたことをきっかけに事件に巻き込まれます。
魔神による無差別襲撃事件を神々の義眼を使って解決に導いたことで、正式にライブラの一員に迎えられた彼は、構成員たちと共に様々な事件へと挑んでいきます。
主人公のレオナルド・ウォッチをはじめ、ライブラのリーダークラウス・V・ラインヘルツ、自らの血液で刃を作り出すザップ・レンフロなど、個性豊かな登場人物が魅力の作品です。