海月姫(くらげひめ)の買取相場

タイトル 海月姫(くらげひめ)
作者 東村アキコ
出版社 Kiss
発売年 2008-2017年
全巻・既刊 全17巻(完結)

今回は海月姫(くらげひめ)の買取相場を調べてみました!

海月姫(くらげひめ)の全巻買取価格相場は?

海月姫(くらげひめ)を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

海月姫(くらげひめ)のあらすじと登場人物

イラストレーターに憧れ上京した少女が住むアパートには、様々な分野の腐女子が住んでいます。
そして少女自身も、おしゃれには程遠く、野暮ったい外見をしたクラゲオタクでした。
そんなある日、彼女がペットショップでとても美しい女性と知り合ったことから物語は動き出します。
少女と美女、そしてアパートに住むオタクの女性たちが、自分たちの大切な住家であるアパートを守るためにファッションブランドを立ち上げていく、そしてその中で少女の恋模様が描かれていると言うのが海月姫(くらげひめ)のあらすじです。
登場人物ですが、まず主人公のクラゲオタクは倉下月海です。
そんな彼女がペットショップで出会った美女は、実は男性で、しかし自他とも認めるほどの美少年です。
彼の名は鯉淵蔵之介で、彼は大物政治家である父とその愛人の間に生まれたと言う経緯を持っています。
ファッション業界で生きていきたいと言う夢を持っています。
そんな蔵之介の異母兄は鯉淵修と言い、月海は彼に思いを寄せています。
そして月海と同じアパートに住む女性ですが、そのメンバーは以下の4人です。
着物好き、市松人形好きの千絵子、三国志オタクのまやや、鉄道オタクのばんば、そして中高年男性を好む枯れ専のジジです。
彼女たちは、最初は蔵之介に対して敵意をあらわにしますが、食事をおごってもらったりしたことで懐柔され、最終的には彼と打ち解けていきます。