ブラック・ジャックの買取相場

タイトル ブラック・ジャック
作者 手塚治虫
出版社 秋田書店
発売年 1973-1983年
全巻・既刊 全25巻(完結)

漫画の神様と呼ばれた故・手塚治虫原作の医学を題材にした画期的作品で主人公のブラック・ジャックは本名、ハザマ クロオの名前の英語読みと解説されている。

今回はブラック・ジャックの買取相場を調べてみました!

ブラック・ジャックの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
ブックマニア 2800円
リーヴルアンジュ 2340円
わらしべ堂 2240円
buy王 2110円
ブックサプライ 1990円
萬月書店 1790円
売っ得ドットコム 1780円
ブックステーション 1640円
アップサイド 1590円
ネットオフ 1080円

ブラック・ジャックを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

ブラック・ジャックのあらすじと登場人物

無免許医でありながらその天才的な技量により世界中から手術の依頼があるが手術料が法律に定められた医療費規定など全く無視の非合法治療を行う。
彼の生い立ちとして子供の頃に不発弾の爆発により手足がバラバラ状態になったところを本間丈太郎医師による奇跡的な手術の成功で一命を取り留める。
しかし顔半分の皮膚移植にはドナーが混血児の友人であったため色が違っているが彼はあえてそのままの移植状態にしている。
彼の技量は医学生時代に遡り最初は黙々と魚等で練習を行ったそうであるがメインは単身戦争中であったベトナムへ行き戦時医師として手術・医療に携わり腕を磨いたものと思われる。
登場人物としてドクターキリコなる安楽死を専門に行う医師とはこのベトナムで出会っている。
当時は生かすために一生懸命なキリコであったがこの戦争中の医療体験がその後の彼を安楽死専門医師と変貌させる。
欠かせない登場人物でピノコがいる。
元々奇形腫瘍として女性に寄生していたがブラック・ジャックの手による摘出手術を施してみると主要の中身は人体のパーツが丸ごと生きた状態で入っておりそれらを再生したのがピノコであり彼女自身は18歳と語っている。