喧嘩商売の買取相場

タイトル 喧嘩商売
作者 木多康昭
出版社 講談社
発売年 2005-2010年
全巻・既刊 24巻(完結)

喧嘩商売はその名の通り、喧嘩を軸としたバトル漫画です。

今回は喧嘩商売の買取相場を調べてみました!

喧嘩商売の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 28000円
いーあきんど 2640円
漫画買取ネット 1740円
buy王 1710円
ブックサプライ 740円
もったいない本舗 490円
アローズ 380円
ブックステーション 340円
アップサイド 300円
ネットオフ 280円

喧嘩商売を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

地喧嘩商売のあらすじと登場人物

普通のバトル漫画と違ってギャグシーンも多いのが特徴でギャグシーンには芸能人に似たキャラクターもなぜか多く登場します。

作者が仲の良い人も何故かギャグシーンでは面白おかしく取り上げられている事が多いです。

主人子の佐藤十兵衛は喧嘩に自信のある高校生です。

喧嘩には拳法を使用しており富田流を名乗っています。

高校生の喧嘩とは思えない様な戦いを繰り広げる事が多く、必殺技の煉獄と呼ばれる物は一度決まると相手が倒れる事もできない富田流の中でも最強の技の一つです。

高校生でありながらも格闘技のプロとも戦い勝利を収めています。

入江文学は佐藤十兵衛の師匠です。

富田流の元祖でもあり、その強さは計り知れません。

それ故に敵も多く様々な相手から狙われています。

佐藤十兵衛と同じく煉獄の使い手でもあります。工藤優作は佐藤十兵衛のライバルです。

底知れないタフネスを誇ります。どれほど攻撃を受けても何度でも立ち上がってくるので、佐藤十兵衛も一度は負けてしまいました。

屋上から落ちても普通に動く事が出来る程の強靭な体をしています。

強敵と巡り会えた時は口癖で燃えるぜと言う事が多いです。