犬夜叉の買取相場

タイトル 犬夜叉
作者 高橋留美子
出版社 小学館
発売年 1996-2008年
全巻・既刊 全56巻(完結)

今回は犬夜叉の買取相場を調べてみました!

犬夜叉の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 6710円
amazon買取サービス 6690円
マンガ倉庫 6900円
ブックマニア 6810円
ホビーマン 6490円
メディア買取ネット 5190円
tsutayaの宅配買取 4480円
ブックステーション 4470円
ブックオフ 4400円
ゲオの買取 3910円

犬夜叉を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

犬夜叉のあらすじと登場人物

犬夜叉は週刊少年サンデーで1996年から2008年まで、作者高橋留美子により連載された戦国ファンタジー漫画です。
ある日、女子中学生の日暮かごめが戦国時代にタイムスリップし、50年前に封印された半妖・犬夜叉と出会うことで物語が始まります。
見どころは二つあります。
一つは物語の大筋である四魂(しこん)の欠片を集める旅路でのアクション、もう一つは増えていく仲間や取り巻く人々との人間関係です。
登場する敵は日本古来に伝わる和風の「お化け」に近く、それらを犬夜叉のもつ鉄砕牙やかごめの弓矢で退治していきます。
主な登場人物は5人です。
主人公であるかごめと犬夜叉、幼い妖狐の七宝、エロ坊主の弥勒に妖怪退治屋の珊瑚。
初めは喧嘩ばかりのかごめと犬夜叉でしたが、犬夜叉のかつての懸想相手である桔梗や兄である殺生丸との関わっていく中でかごめとの仲が近づきつつあり、桔梗との三角関係や半妖としての葛藤などがありストーリーに幅を持たせています。
それぞれのキャラクターが悩みや過去のトラウマを持っており、受け入れたり克服したりし仲間とともに成長し歩んでいく、単純なファンタジーものの漫画としてではなく恋愛要素や人間関係も楽しめ、盛りだくさんの漫画となっています。