ナニワトモアレの買取相場

タイトル ナニワトモアレ
作者 南勝久
出版社 講談社
発売年 2007-2014年
全巻・既刊 全28巻(完結)

今回はナニワトモアレの買取相場を調べてみました!

ナニワトモアレの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 3910円
いーあきんど 3640円
漫画買取ネット 3340円
buy王 3310円
ブックサプライ 3240円
もったいない本舗 3110円
アローズ 3040円
らくらく書店 3040円
DMM宅配買取 2940円
楽-A(ガクヤ)買取 2880円

ナニワトモアレを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

ナニワトモアレのあらすじと登場人物

ナニワトモアレは平成元年頃の大阪が舞台となっている漫画で、その中で主人公であるグッさんが環状族に所属し、複雑な人間関係を通して成長したり、若いがゆえの悩みにぶつかったりする人間味溢れる内容となっています。
そのグッさんも最初はナンパ目的で環状族に所属するのですが、段々とナンパ目的ではなく、環状族として名を残そうとのめり込んでいくようになります。
基本的に環状族で名を上げるためにはケンカか、車の走りのテクニックの両方が求められますが、グッさんはその両方で名を上げようとします。
そして、環状族として多くの出会いや抗争を経験するだけでなく、中には仲の良かった環状族の事故死を目にします。
この出来事はグッさんの中でも忘れられない出来事となり、環状族の楽しさだけでなく危険な一面を実感することとなります。
また、グッさんの所属するトリーズンレーシングの創始者であるテッポーとの対峙と勝利はグッさんのケンカへの自信や後に続く新チーム立ち上げにもつながっていきます。
最後は付き合っていたユキと別れ、これまで所属していたトリーズンレーシングの二代目会長であるユウジと決別し、新チームであるスパーキーレーシングを立ち上げ、スパーキーレーシングを日本一のチームのする誓いを立てて終了します。