ばらかもんの買取相場

タイトル ばらかもん
作者 ヨシノサツキ
出版社 スクウェア・エニックス
発売年 2008-2009年
全巻・既刊 全16巻(完結)

今回はばらかもんの買取相場を調べてみました!

ばらかもんの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 800円
いーあきんど 640円
らくらく書店 540円
buy王 510円
ブックサプライ 440円
もったいない本舗 390円
アローズ 380円
ブックステーション 340円
アップサイド 300円
ネットオフ 280円

ばらかもんを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

ばらかもんのあらすじと登場人物

「ばらかもん」のあらすじ
書道家の半田清舟は、著名な書道家を父に持つ「二世」書道家。
若くして注目を集めていたものの、ある日自分の授賞式で、自分の作品を酷評した書道展示館の館長を、感情のまま殴り付けてしまう。
その事件をきっかけに、父の命令で長崎県五島列島の田舎に住むことになった清舟。
都会の温室で育った彼は田舎の環境や人間関係に翻弄されるが、徐々にそこに住む人々との交流を通じ、成長していく。
そして挫折を繰り返しながらも、新たな書の境地を拓いていくのだった。

登場人物
半田清舟…主人公。
「清舟」は雅号で、本名は「清」という。
プライドが高く気難しい一面を持つが、基本的にはドジ。
自称子供嫌いだが、面倒見がいいことから島の子供たちには好かれている
琴石なる…もう一人の主人公。
小学1年生の女の子。
明るくたくましく自由奔放な性格で、清舟に書道を教えてもらうことになる。
山村美和…中学2年生。
ボーイッシュで勝気な性格。
なるやタマと一緒に遊んでいることが多い。
新井珠子…中学2年生。
美和の友人で通称「タマ」。
自称文学少女の漫画家志望。
木戸浩志…高校3年生の郷長夫婦の息子。
中学生の時に成績表でオール3を取ったことがあり、それ以来自らの平凡さに悩んでいる。