うさぎドロップの買取相場

タイトル うさぎドロップ
作者 宇仁田ゆみ
出版社 祥伝社
発売年 2005-2012年
全巻・既刊 9巻(完結)

うさぎドロップは、30歳の川内大吉が79歳の祖父鹿賀宗一の隠し子とされる6歳の鹿賀りんを引き取り、鹿賀りんと暮らす為に河内大吉は会社の部署の移動や生活リズムまで変えて暮らします。

しかし、高校生になった鹿賀りんは、異父妹を産み育っている実母吉井正子に会った事で保育士の夢を持ち、二谷コウキとの問題を解決した事で大吉への気持ちに気付き、後に実父が大吉の祖父でない事を実母から聞かされ自分の気持ちの障害となるものがなくなりハッピーエンドをむかえる作品です。

今回はうさぎドロップの全巻買取価格相場を調査しました。

うさぎドロップの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
buy王 1200円
ブックサプライ 1040円
もったいない本舗 1040円
Vaboo(バブー) 1010円
ブックステーション 940円
アップサイド 940円
ネットオフ 910円
駿河屋 780円
まんだらけ 650円
メディア買取ネット 400円

うさぎドロップを宅配買取した体験談

うさぎドロップの登場人物とあらすじ

河内大吉は、衣料メーカーに勤務する冴えない30歳の独身男性ですが、祖父鹿賀宗一と良く似ていることから鹿賀りんには懐かれ、実際りんの養育に関しては子煩悩を超えた親バカのレベルです。

鹿賀りんは、大吉の祖父宗一の家政婦をやっていた吉井正子の長女であると共に戸籍上は大吉の母達4人兄弟に続く5番目の子供であり大吉の叔母にあたりますが、母子手帳の中に手紙からも宗一の子供の無い事が証明されています。

吉井正子は、漫画家西園寺まろんとして大成する為にりんの育児を放棄した母親であり、大吉とはソリが合わず犬猿の仲ですが、宗一の墓参りやりんの為の貯蓄をするなど人間としての最低の感情は待っている人物です。

二谷コウキは、緑中のスーパーサイヤ人と呼ばれるほどヤンチャな少年だが、幼稚園から高校まで一貫してりんに恋心を抱く一方でりんの良き理解者です。