七つの大罪の買取相場

タイトル 七つの大罪
作者 鈴木央
出版社 講談社
発売年 2012年
全巻・既刊 30巻

今回は七つの大罪の買取相場を調べてみました!

七つの大罪の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 800円
いーあきんど 640円
らくらく書店 540円
buy王 510円
ブックサプライ 440円
もったいない本舗 390円
アローズ 380円
ブックステーション 340円
アップサイド 300円
ネットオフ 280円

七つの大罪を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

七つの大罪のあらすじと登場人物

七つの大罪の舞台となっているのは、リオネスカという王国です。
ある時、七人の騎士団が裏切り、逃亡してしまいます。
その後、本来なら国を守るための聖騎士たちが暴徒化します。
国内を荒れていくのを憂だ第三王女は、助けを求め単身旅に出ます。
しかし国からの追っ手に捕まってしまいます。
その際に助けてくれたのが、伝説の騎士団「七つの大罪」の団長でした。
そして二人は、かつての仲間を探す旅に出るというストーリーです。
この物語の主人公はメリオダスで、七つ大罪の団長です。
小柄ですし童顔なので、幼い印象を受けますが、実は三千年以上を生きる存在です。
とても気さくで差別しない性格ですが、女性に対してはセクハラとも取れる行動も見られます。
メリオダスと一緒に旅に出るのが第三王女のエリザベスです。
抜群のプロポーションの持ち主で、前髪で右目を隠しています。
実は国王の実子ではなく、養子な上に亡国ダナフォールの出身なのです。
ホークは豚ですが人語を理解して話すこともできます。
メリオダスとは友人関係で、自称「残飯処理騎士団の団長」です。
バンは七つ大罪の一員で、印となる獣は狐です。
料理が上手くコックを担当しています。
左の脇腹に刺青があります。