H2(エイチツー)の買取相場

タイトル H2(エイチツー)
作者 あだち充
出版社 小学館
発売年 1992-1999年
全巻・既刊 全34巻(完結)

今回はH2(エイチツー)の買取相場を調べてみました!

H2(エイチツー)の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 4110円
amazon買取サービス 3690円
マンガ倉庫 3600円
ときわ書店 3110円
ホビーマン 3090円
メディア買取ネット 3090円
tsutayaの宅配買取 2880円
リーヴルアンジュ 2770円
くまねこ堂 2600円
漫遊堂 2510円

H2(エイチツー)を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

H2(エイチツー)のあらすじと登場人物

H2(エイチツー)のあらすじは、中学時代に同じチームメイトだった幼馴染がバラバラに進学して一方は野球の強豪校にもう一方は野球部のない高校に進学するところから始まります。
肘を壊して投げられないために野球部のない高校に行ったはずが実は肘を壊しておらず、再び野球への情熱が高まり素人同然の野球愛好会から甲子園を目指していくストーリーです。

主人公の国見比呂は医師の誤診で肘を壊したと判断され、高校ではサッカー部に所属します。
盟友の野田敦は腰を壊したと誤診されなぜか水泳部に籍を置いていました。
一方この2人とチームメイトだった橘英雄は高校野球の強豪校に進学し1年生からレギュラーを掴んでスター街道を歩んでいました。
そして幼馴染の女の子であり比呂も想いを抱いていた雨宮ひかりも英雄と同じ高校に進学して、お互いに好意を持ち合う関係になっていました。
そんな比呂にも野球部創設に大きく貢献することになる古賀春華と急激に仲が良くなっていきます。

それぞれの地区が違うため、両者が対決するのは甲子園のみです。
そんな中で野球だけでなく1人の女性を巡って比呂と英雄が戦いを繰り広げるだけでなく、それぞれの野球部を巡る人物たちの人間ドラマや淡い恋の行方にも注目です。