タッチの買取相場

タイトル タッチ
作者 あだち充
出版社 小学館
発売年 1981-1986年
全巻・既刊 全26巻(完結)

今回はタッチの買取価格相場を調べてみました!

タッチの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
ケセランパサラン 1930円
Vaboo(バブー) 1890円
あおば堂 1770円
ホビーマン 1610円
売っ得ドットコム 1480円
リーヴルアンジュ 1330円
ULSTORE 1190円
ブックセンター 810円
漫画買取マニアックス 720円
くまねこ堂 690円

タッチを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

タッチのあらすじ

タッチは双子でセンスはあるが怠け者の兄とセンスは劣るが努力家の弟や隣人で幼馴染の浅倉南が高校野球をテーマに成長する姿を描いた作品です。
中学時代に投手として頭角を現した勝也は進学した高校の明青学園でも当然のように野球部に入部します。
兄は原田正平に半ば強引に誘われボクシング部に入部します。
勝也とマネージャーになった南は1年の夏の甲子園を目指し地区予選の決勝に進むも勝也は交通事故死でチームも甲子園に進む事が出来ませんでした。
弟の甲子園出場の夢、そして浅倉南の「甲子園に連れてって」という夢を叶えるために達也は野球部に入部します。

野球入部当初はキャッチャーの松平孝太郎に認められない存在でしたが、真面目に練習し実績を積み上げていき徐々に認められる存在へ。
そして2年の夏の甲子園を目指した戦いでは西村勇が率いる勢南高校や新田明男が率いる須見工が存在感を増し、明青は健闘するも勢南高校に敗れ予選敗退に終わります。

3年になると柏葉英二郎が監督に就任。
一方で南も新体操部にスカウトされ、新マネージャーになったのは何と新田の妹の由加。
監督はこの上ないぐらいのスパルタで退部する者も出ますが、3年生は踏ん張り地区予選を順調に勝ち上がり、決勝では前年甲子園に進出した須見工との対戦。
点をとってとられてを繰り返しますが最後は新田を空振り三振に抑え甲子園進出し、そして達也は南に自分の想いを伝え試合に挑み優勝します。