今日からヒットマンの買取相場

タイトル 今日からヒットマン
作者 むとうひろし
出版社 日本文芸社
発売年 205-2015
全巻・既刊 31(完結)

2005年から発売した今日からヒットマン。

殺し屋が主役でアクションやバイオレンスシーンが多く、手に汗握る漫画です。

今回は今日からヒットマンの全巻買取相場を調査しました。

今日からヒットマンの全巻買取相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 5000円
いーあきんど 4400円
セコハンバイヤー 4040円
buy王 4010円
ブックサプライ 3000円
もったいない本舗 2010円
tsutayaの宅配買取 2000円
ブックステーション 1940円
アップサイド 1310円
ネットオフ 1300円

今日からヒットマンを宅配買取した体験談

今日からヒットマンのあらすじ

今日からヒットマンのあらすじは、平凡なサラリーマンの稲葉十吉がとある殺し屋と遭遇すところから始まります。

しかしこの殺し屋は、刺客の襲撃を受け、瀕死の状態です。すると自分の命が長くないと悟った殺し屋は、十吉に自分の全財産を渡し恋人を助けるように強要します。

頼みを聞かないと妻子を殺すと脅されて、渋々殺し屋とサラリーマンの二重生活をスタートさせるのでした。本作の主人公は稲葉十吉、愛称は「トーキチ」です。

表の顔は株式会社イージーフードに勤める営業主任です。初代が「二丁」と呼ばれていたことから、彼も殺し屋として活動する際にはその名を引き継いでいます。そして初代の恋人だったちなつは、十吉のサポートをします。

十吉が所属するコンビニの習志野支店長の丸メガネは、丸いレンズのサングラスをかけた人物です。自称「ダンディー」ですが、裏社会の人間には珍しく銃の扱いは苦手です。

そんな彼の右腕にはキノコ頭と呼ばれている礼儀正しい男がいます。バイトのキンパツは、「二丁」に憧れています。

そして機転が利くため、十吉がピンチになった時に度々救うなどの活躍を見せています。そんなキンパツの後任に現れたのがハナオで、天然な上にトラブルメーカーです。