へうげものの買取相場

タイトル  へうげもの
作者  山田芳裕
出版社  講談社
発売年 2005-2017
全巻・既刊  25巻(完結)

歴史マンガも数ありますが、そのなかでももっとも異色なのが『へうげもの」でしょう。

今回はへうげものの全巻買取相場を調査しました。

へうげものの全巻買取相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
いーあきんど 3280円
Vaboo(バブー) 3110円
セコハンバイヤー 3090円
漫画買取ネット 3030円
メディア買取ネット 3010円
もったいない本舗 2960円
tsutayaの宅配買取 1890円
1740円
メルカリで漫画を売る 1700円
マンガ倉庫 940円

へうげものを宅配買取した体験談

へうげものの登場人物

へうげものの主人公は古田織部です。舞台は戦国時代。

戦国時代というと織田信長や豊臣秀吉など綺羅星のように有名な戦国大名がいますが、古田織部は織田や豊臣の配下で、江戸時代も生き抜いた、いってみれば地味な戦国武将です。

ただ彼には、茶器などをする骨董品マニアな一面があり、それは作中では数奇者(すきもの)と呼ばれています。

その彼の趣味を大きく取り上げたのがへうげものというマンガです。

もともと戦国時代はなにか手柄をたてると恩賞として領土が与えられていましたが、豊臣の時代になると茶器などで恩賞を代用することが行われて、戦国武将たちも目利きのようになってきます。

マンガはそんな時代状況をとらえて、とくに数奇者だった古田織部に焦点をあてたマンガだといえるでしょう。

領土や武勲よりも茶器を愛する古田織部はとても人間臭くていいキャラクターとなっています。

また激動の時代ですから織田信長や豊臣秀吉、明智光秀、徳川家康など有名な戦国大名が登場することも魅力でしょう。

わびさびの完成者である千利休も登場し、大変魅力的なストーリーがつむがれています。