ピアノの森の買取相場

タイトル ピアノの森
作者 一色まこと
出版社 講談社
発売年 1998-2015年
全巻・既刊 全26巻(完結)

今回はピアノの森の買取相場を調べてみました!

ピアノの森の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 3010円
いーあきんど 2740円
漫画買取ネット 2640円
buy王 2510円
ホビーマン 2440円
セコハンバイヤー 2410円
アローズ 2340円
ブックステーション 2140円
ブックオフ 2040円
リコマース 1990円

ピアノの森を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

ピアノの森のあらすじと登場人物

漫画ピアノの森は、都市伝説の様に夜になると音がなると言われている森のピアノを弾きこなす一ノ瀬海が、交通事故の左手の大ケガによってピアニストを諦め小学校教師をやっていた阿字野壮介に見出され、様々なコンクールへの出場を果たします。
阿字野壮介は、一ノ瀬海を指導するだけで無く後ろ盾になる為、桐山音大ピアノ科教授に就任し、世界三大コンクールの1つショパン国際ピアノのコンクールに優勝させます。
漫画森のピアノは、ピアニストと大成していく一ノ瀬海の小学校五年生〜17歳を描いた作品です。
一ノ瀬海は、森の端と呼ばれる色街に住む小学五年生です。
海は、音階の繋がりから阿字野壮介のミスタッチを指摘出来る天才的な才能に加え、絶頂期の阿字野壮介の音色を奏でる事ができる少年です。
阿字野壮介は、国内のコンクールで数多くの賞を受賞していましたが、交通事故後はピアニストを諦め小学校の教師として勤務していましたが、海との出会いを機に海の指導に加え、音大教授への就任やピアニストへの復帰など前向きな人生を送ります。
雨宮修平は、現役時代の阿字野壮介をライバル視していた雨宮洋一郎の息子としてピアノの英才教育を施されて来ましたが、森のピアノを弾きこなす一ノ瀬海の音色に感銘を受けてしまい、以後一ノ瀬海は雨宮修平にとってトラウマとなり事ある毎に悩まされますが、ショパン国際ピアノコンクール敗退を機に一ノ瀬海との違い気付きます。