ジョジョの奇妙な冒険の買取相場

タイトル ジョジョの奇妙な冒険
作者 荒木飛呂彦
出版社 集英社
発売年 1987-2004年
全巻・既刊 63巻(完結)

かなり個性的な漫画ですが、大人気なジョジョの奇妙な冒険の全巻買取価格相場を発表したいと思います。

ジョジョの奇妙な冒険の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 9000円
いーあきんど 7740円
漫画買取ネット 6840円
buy王 5810円
ブックサプライ 5740円
もったいない本舗 4810円
アローズ 4740円
ブックステーション 4440円
アップサイド 3340円
ネットオフ 3100円

ジョジョの奇妙な冒険を宅配買取した体験談

体験談体験談

ジョジョの奇妙な冒険 文庫版第1部〜第3部 5310円で売りました。

本棚を整理するために処分を考えていましたが、売って少しでもお金にしたいと思ったので、今回利用しました。状態があまり良いとは言えなかったのですが、思ったより値段がつき、漫画にしては高額で買い取りして頂いたので、満足しています。


体験談体験談

ジョジョの奇妙な冒険全巻を買い取ってもらいました。

本当は手放したくなかったのですがお金がどうしても必要になって宅配買取を使ってジョジョの奇妙な冒険全63巻を買い取ってもらいました。買取金額自体はまあまあ状態良かったという事で8千円くらいになりました。満足はしませんでしたがこんなものかという感じでした。


体験談体験談

ジョジョの奇妙な冒険 1〜63巻を7500円で売りました。

大切にしていた ジョジョの奇妙な冒険を売りました。63巻もあったので、実店舗ではなく宅配買取を選びました。宅配だからといって送料や手数料がとられることなく、高い査定金額を出して頂き満足しています。サクサク進んで快適に取引が終了しました。ありがとうございました。

ジョジョの奇妙な冒険のあらすじ

ジョジョの奇妙な冒険のあらすじと登場人物はパートごとにまとめるとわかりやすいです。

まずパート1では、強い正義感を持つ主人公のジョナサン・ジョースターと幼いころから圧倒的なカリスマ性を持つディオ・ブランドーの対立が描かれています。

パート2になると、主人公はジョナサンの孫であるジョセフ・ジョースターに移ります。

人類を圧倒する存在として発掘された「柱の男」たちを倒すためジョセフは仲間たちと共に各地を奔走します。

パート3ではジョセフの孫である空条承太郎が主人公です。

スタンド能力を開花させた彼と仲間たちの前に立ちはだかるのは、ジョナサンの肉体を乗っ取り100年の眠りから復活したディオです。

パート4は日本が舞台で、主人公はジョセフの隠し子、東方仗助です。

スタンド使いが増え続けている原因を調べていた彼と仲間たちは、やがて自分たちが住む町に潜む悪の存在に対峙していきます。

パート5部はイタリアのギャング同士の抗争が描かれます。

主人公は、ジョースターの肉体を乗っ取ったディオの子供であるジョルノ・ジョバァーナです。

パート6は承太郎の娘、空条徐倫が罠にはまり刑務所に収監されたことから物語は始まります。

そしてパート7ではアメリカを舞台に繰り広げられる大レースに参戦するジャイロ・ツェペリとジョニィ・ジョースターの奮闘が描かれています。