新宿スワンの買取相場

タイトル 新宿スワン
作者 和久井健
出版社 講談社
発売年 2005-2013年
全巻・既刊 全38巻(完結)

今回は新宿スワンの買取相場を調べてみました!

新宿スワンの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 5790円
まんだらけ 4690円
いーあきんど 4680円
あおば堂 4590円
tsutayaの宅配買取 3580円
わらしべ堂 3530円
ブックオフ 3490円
マンガ倉庫 2480円
セコハンバイヤー 2240円
amazon買取サービス 2070円

新宿スワンを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

新宿スワンのあらすじ

新宿スワンは新宿を舞台としたスカウトを行います。
スカウトにはそれぞれの場所で縄張りがあるので、それを無視してスカウトをすると揉める原因になります。
しかしその縄張りを自分の会社の物にして行かないと会社を大きくする事が出来ませんので、スカウトサバイバルが始まるのです。
主人公の白鳥龍彦はスカウトをするも初めはなかなか上手く行きませんでした。
そして直ぐに他のスカウト会社と揉め事を起こしてしまい責任を取らされてしまいます。
その後は他のスカウト会社にスパイとして潜り込んだり、歌舞伎町を離れて遠くの町に飛ばされたりしますが、最後は社長にまで登り詰めました。
真虎は白鳥龍彦をスカウトに誘ってくれた先輩です。
温和に見えますが野心家で表には見えない出さない隠し事をしています。
白鳥龍彦ともそれが原因で袂を分かちます。
関玄介は幹部です。
当初は白鳥龍彦を嫌っていましたが、物語が進むと打ち解ける様になって来ました。
会社の忠誠心がとても高い人物で社長とも仲良くしており、社長に対しては愛称で呼ぶ仲です。
髪型はオールバックで身体は鍛えており、筋肉質です。
主に会社の揉め事の担当をしています。
白鳥龍彦が問題を起こした時も社長から解決するようにと指示を受けて動いていました。