寄生獣の買取相場

タイトル 寄生獣
作者 岩明均
出版社 講談社
発売年 1990-1995年
全巻・既刊 10巻(完結)

寄生獣は平和な日常に突然現れた正体不明の生物です。

人間にとりつく事により生きる事が出来ます。

しかしとりつかれた人間は自我を失う事も多く、人間を食べてしまうようになります。

そんなパニックを描いた作品です。

今回は寄生獣の買取相場を調べてみました!

寄生獣の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
漫画買取ネット 1500円
いーあきんど 1440円
Vaboo(バブー) 1440円
楽-A(ガクヤ)買取 1300円
tsutayaの宅配買取 1240円
DMM宅配買取 1200円
ブックオフ 1200円
リコマース 1140円
セコハンバイヤー 1080円
らくらく書店 880円

寄生獣を宅配買取した体験談

寄生獣のあらすじと登場人物

主人公の泉新一は寄生獣であるミギーに寄生されましたが、自我を保っており、右手しか変わった所はありませんでした。

しかし寄生獣に寄生された事は周りに明かす事は出来ないので、苦労の毎日を送る事になります。

そして他の人間に害をもたらす寄生獣を倒す為にミギーと戦う決意をするのでした。

ミギーは泉新一に寄生している寄生獣です。
普段は右手に隠れており、会話も可能です。

好奇心旺盛で泉新一にはよく迷惑をかけてしまいます。

一緒に暮らす中で人間と自分について哲学的に考える様にもなるのでした。

田宮良子は寄生獣に寄生されており、泉新一の強敵です。まともに戦うと勝つ事は出来ない程の強さです。

当初から泉新一とミギーに興味を抱いており、観察をしていました。

更に寄生獣に対しても独特な考えを持っており、最後には家族であると言う結論に至るほどでした。

最後は子供が出来た事による母性に目覚め、泉新一とも和解する事が出来て、自分の子供を預けて倒れてしまいました。