GIANT KILLINGの買取相場

タイトル GIANT KILLING
作者 綱本将也、ツジトモ
出版社 講談社
発売年 2007年
全巻・既刊 45巻

今回はGIANT KILLINGの買取相場を調べてみました!

GIANT KILLINGの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
マンガ倉庫 5230円
ULSTORE 4110円
漫画買取ネット 4090円
ブックマニア 3990円
売っ得ドットコム 3840円
amazon買取サービス 3710円
古本市場の宅配買取 2490円
萬月書店 2490円
セコハンバイヤー 1980円
わらしべ堂 1270円

GIANT KILLINGを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

GIANT KILLINGのあらすじと登場人物

GIANT KILLINGは、サッカーの一部リーグで降格寸前のETUというクラブを建て直すべくクラブOBでイングランドのクラブを率いていた達海猛が監督に就任し、日本サッカーに旋風を巻き起こすサッカー漫画です。
一般的なサッカー漫画は選手が主人公になることが多いですが、GIANT KILLINGは監督が主人公という珍しい作品です。
イングランドのカップ戦でアマチュアクラブを率いてプロクラブを倒すという快挙を達成した達海猛は、元チームメイトでゼネラルマネージャーを務めている後藤に請われて選手時代に所属していたETUの監督に就任し、降格寸前の弱小クラブであるETUで優勝争いができるクラブにまで底上げしようと奮闘するのです。
主人公の達海猛は監督としては非常に若い35歳という年齢ですが、卓越した戦術眼で対戦するクラブの弱点を見抜いて総合力で上回る相手にも勝つことができるチームを作り上げていきます。
選手掌握術にも優れていて、これまでベンチを温めていた選手の潜在能力を発揮させることもできるのです。
そういった選手の一人が椿大介で、達海が監督に就任してからはミッドフィルダーとして縦横無尽の活躍を見せるようになります。