HUNTER×HUNTER(ハンター・ハンター)の買取相場

タイトル HUNTER×HUNTER(ハンター・ハンター)
作者 冨樫義博
出版社 集英社
発売年 1998年
全巻・既刊 35巻

今回はHUNTER×HUNTER(ハンター・ハンター)の買取相場を調べてみました!

HUNTER×HUNTER(ハンター・ハンター)の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 4910円
いーあきんど 4840円
まんだらけ 4740円
buy王 4410円
ブックマニア 3740円
ブックオフ 2710円
リコマース 2540円
らくらく書店 2440円
DMM宅配買取 2340円
楽-A(ガクヤ)買取 2280円

HUNTER×HUNTER(ハンター・ハンター)を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

HUNTER×HUNTER(ハンター・ハンター)のあらすじと登場人物

HUNTER×HUNTERは「ハンターハンター」と読み「幽遊白書」「レベルE」等で知られる富樫義博氏の代表作で今も連載中です。
主人公である少年ゴン=フリークスは一度も会った事の無いお父さんのジンと会うために「ある決意」をします。
ジンはハンターという職業をしておりハンターとは特殊な能力を持つ優れた人物だけがなれる物でハンター試験という物に合格しなければなれません。
そこでゴンはハンター試験に挑戦する事を決意したのです。
ハンター試験は会場に到達する事も至難という過酷な物ですが、そこでゴンはキルア、クラピカ、レオリオ、ヒソカという長い付き合いになる人達と出会います。

キルアはゴンと同じ年齢の少年ですがゾルディック家という代々、暗殺を生業とする一家の出身で既に並外れた能力の持ち主です。
クラピカはクルタ族という滅亡した民族の生き残りで温和な性格で誰よりも鋭い洞察力と判断力の持ち主ですが明確な強い意思をもってハンター試験に臨んでいます。
レオリオは年上で一見、サラリーマン風ですが医師を目指しており最も普通の人物として登場します。
ヒソカはピエロ風のいでたちですが凄まじい戦闘能力の持ち主で不気味な存在ですが少しユーモラスな所も有る一方「美味しい獲物」を常に追い求めている戦闘マニアでもあります。
HUNTER×HUNTERはこういったメンバーとともに成長していくゴンを描いた物語で非常に面白い作品です。