嘘喰いの買取相場

タイトル 嘘喰い
作者 迫稔雄
出版社 集英社
発売年 2006
全巻・既刊 48巻

嘘喰いはギャンブルとバトルが融合した特殊な漫画です。

今回は嘘喰いの買取相場を調べてみました!

嘘喰いの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 5800円
漫画買取マニアックス 5640円
わらしべ堂 4140円
buy王 4110円
ブックサプライ 3990円
マンガ倉庫 3890円
amazon買取サービス 2780円
ブックステーション 1340円
アップサイド 1090円
ネットオフ 780円

嘘喰いを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

嘘喰いのあらすじと登場人物

賭郎と呼ばれるギャンブルを仲介してくれる組織があり、何があっても取り立ててくれます。
その背景にあるのが圧倒的な強さです。
この賭郎を舞台したギャンブルを展開し、賭郎のトップを目指します。
主人公の斑目貘は天才ギャンブラーで心理戦に長けていますが、機械相手だとその強さを発揮できません。
特殊なギャンブルを行う事も多く、強敵と相対しますが、次々に打ち倒していきます。
勝利を確信するとカリ梅を食べる癖もあります。
一度賭郎のトップと勝負して負けており、再度勝つ為にギャンブルを続けています。
命のやり取りを行うギャンブルも多いですが、強靭な精神力で相手を心理戦で負かしていくのです。
梶隆臣は斑目貘の仲間の一人です。
初めは何の役にも立ちませんでしたが、斑目貘の近くに居る事により成長を遂げます。
自分自身でも強敵とギャンブルをする事があり、小心者ですが持ち前の臆病さから辛くも勝利を得る事ができました。
斑目貘に憧れを抱いており、自分もいつかはあんなギャンブラーになりたいと考えています。
お人好しな性格なので、騙されてしまう事も多いですが、成長するにしたがってその様な面は見られなくなりました。