鬼灯の冷徹の買取相場

タイトル 鬼灯の冷徹
作者 江口夏実
出版社 講談社
発売年 2011年
全巻・既刊 25巻

今回は鬼灯の冷徹の買取相場を調べてみました!

鬼灯の冷徹の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 800円
いーあきんど 640円
らくらく書店 540円
buy王 510円
ブックサプライ 440円
もったいない本舗 390円
アローズ 380円
ブックステーション 340円
アップサイド 300円
ネットオフ 280円

鬼灯の冷徹を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

鬼灯の冷徹のあらすじと登場人物

鬼灯の冷徹のあらすじですが、まず主な舞台は地獄です。
溢れかえる亡者に人材不足に悩まされる獄卒たち、その状況になすすべのない頼りない閻魔大王ですが、そんな閻魔大王にかわりてきぱきと仕事をこなし、どんなトラブルも冷静すぎるくらい冷静に対応しているのが主人公の鬼灯です。
そんな鬼灯や仲間たちの日常を描いているのが本作のストーリーです。
登場人物はまず主人公の鬼灯で、鬼の中ではトップクラスに位置するほどの、仕事ができる補佐官です。
ただし冷徹過ぎるきらいがあり、そのドSっぷりに泣かされる人もいます。
その鬼灯の上司であり、地獄を統べる存在でありながら頼りなく、いつも鬼灯に鋭くツッコミを入れられているのが閻魔大王です。
しかし鬼灯の才能を見出したのは、他ならぬ閻魔大王自身であったりします。
獄卒と呼ばれる、地獄に落ちてきた亡者を苦しめることを仕事としている登場人物には、唐瓜と茄子と言う少年がいます。
更に地獄のひとつ、大叫喚地獄と言う場所で獄卒をつとめている芥子は、童話「かちかち山」に登場した兎です。
また八寒地獄と言う極寒の地獄には、春一と言う雪鬼も働いています。
桃源郷と呼ばれる場所で漢方薬局を開いている白澤は、鬼灯とは因縁がある中国の神獣で、大の女好きです。
そんな白澤のもとで働いている桃太郎は、あの鬼退治で有名な桃太郎であり、その栄光にしがみついた故、鬼灯に勝負を挑み敗退したと言う経緯を持っています。