青空エールの買取相場

タイトル  青空エール
作者  河原和音
出版社  集英社
発売年 2008-2015年
全巻・既刊  19巻(完結)

青空エールは、小学校から甲子園大会でブラスバンドとして応援する事を夢見ていた小野つばさが白翔高校の吹奏楽部に入部し、甲子園出場を目指す山田大介ともに夢の実現に努力します。

しかし、高校1年の夏は大介のミスにより甲子園出場を逃し、高校2年の夏は大介の骨折により甲子園を逃すと共につばさも吹奏楽の甲子園全日本吹奏楽部コンクールのメンバーに選出されず最後の夏に掛け、大介が甲子園の一回戦で敗退する一方でつばさは全日本吹奏楽部コンクールでゴールド金賞を受賞し、つばさは推薦入学する大介と同じ大学を目指すハッピーエンドをむかえる作品です。

今回は青空エールの全巻買取価格相場を調査しました。

青空エールの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
buy王 1600円
ブックサプライ 1540円
もったいない本舗 1540円
Vaboo(バブー) 1410円
ブックステーション 1340円
アップサイド 1240円
ネットオフ 1110円
駿河屋 1080円
買取センター 950円
ケセランパサラン 800円

青空エールを宅配買取した体験談

青空エールの登場人物

小野つばさは、甲子園での夢見るもトランペットは初心者なので入部テストに出来ずに悩みますが、クラスメートの山田大介に励まされると共に強い心を持つ大介に惹かれています。

山田大介は、地元では甲子園出場を期待されるキャッチャーですが、高校1年の夏に悪送球でつばさの夢を逃してしまった自責の念からつばさの告白を断ってしまいます。

脇田陽万理は、つばさと同じ中学校出身のクラスメートとしてつばさの恋路や山田大介と城戸保志の学業面でサポートしている美人であり、ネガティヴな思考の城戸保志をやる気にさせるキーパーソンの1人です。

水島亜希は、プロ並みのトランペット奏者であり、つばさを指導した鬼教官かつ3年時のクラスメートですが、トランペット以外には興味が無く無頓着な面の多い人物です。