はたらく細胞の買取相場

タイトル はたらく細胞
作者 清水茜
出版社 講談社
発売年 2015年
全巻・既刊 5巻

今回ははたらく細胞の買取相場を調べてみました!

はたらく細胞の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
駿河屋 1230円
ネットオフ 1190円
Vaboo(バブー) 1170円
リコマース 1090円
売っ得ドットコム 1040円
amazon買取サービス 1010円
古本市場の宅配買取 990円
萬月書店 890円
楽-A(ガクヤ)買取 780円
わらしべ堂 770円

はたらく細胞を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

はたらく細胞のあらすじと登場人物

漫画はたらく細胞は、赤血球や白血球、血小板、マクロファージなどの人間の体内で働く細胞を擬人化した個性豊かなキャラクターで描き、ウイルスや細菌、異物などを怪獣や化け物の様に描き出し、人間の体内で起こっている現象をコミカルにわかりやすくしている作品です。
赤血球は、肺に二酸化炭素を運ぶ新人運搬業者として描かれていますが、運搬業者にかかわらず迷子の常習犯かつ危険を察知する危険察知能力に長けたキャラクターです。
赤血球には、赤血球の先輩でロングヘアーのAA5100や赤血球達のボス的なDB5963などの先輩や仲間が数多くいます。
白血球は、好中球課に配属されているクールで生真面目過ぎるU-1146番が侵入した肺炎球菌から赤血球を守ります。
U-1146番は、純白なつなぎが真っ赤に染まる様から恐れられる存在ですが、ドジで方向音痴の赤血球が気になりストーカー紛いの行動をします。
好酸球は、白血球U1146番の幼馴染みのツインテールの女性のキャラクターとして描かれ、腸炎ビブリオ菌との戦いで大苦戦を強いられる一方で本来の任務とされる寄生虫に対しては強力な殺虫作用を発揮します。
単球は、全7%を占める遊走細胞ですが、ガスマスクに防護服及びガスタンクなどを装着した白色の完全防備キャラクターとして描かれています。
僕たちがやりました。