僕たちがやりましたの買取相場

タイトル 僕たちがやりました
作者 金城宗幸、荒木光
出版社 講談社
発売年 2015-2017年
全巻・既刊 全9巻(完結)

今回は僕たちがやりましたの買取価格相場を調べてみました!

僕たちがやりましたの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
漫画買取ネット 1530円
Vaboo(バブー) 1490円
楽-A(ガクヤ)買取 1470円
あおば堂 1380円
ざうるす 1380円
アップサイド 1230円
ブックオフ 1230円
ヤフオクで漫画を売る 1060円
リコマース 920円
アローズ 880円

僕たちがやりましたを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

僕たちがやりましたのあらすじ

今年、俳優の窪田正孝さんが主演のドラマ、僕たちがやりましたが放送され人気となった。
その原作は漫画で、作者は荒木光さんである。
この漫画でキーとなるのは、平凡な高校生である凡下高校のトビオ、その同級生のマル、そして凡下高校OBで金持ちニートであるパイセンである。
ある日、マルが凡下高校の近くにある矢波高校の不良に絡まれ、それに怒ったトビオが仕返しに矢波高校に爆弾を仕掛けることにした。
トビオ一行は爆弾を作り、ある夜矢波高校に侵入し、爆弾を仕掛けることに成功した。
翌日爆弾を起爆すると、予想していなかった大きな爆発が起き、死者を10人出してしまうという大事件に発展してしまったのである。
トビオ一行は、海外への逃亡を企てるが、その最中でパイセンが逮捕されてしまい、計画が中止となった。
その後真犯人だという人物が登場したり、自殺を図ったりと展開が次から次へと変わっていく。
彼らがそこからどう行動するか、事件はどのような終わりを告げるのか、非常に楽しみな作品である。
ギャグ漫画という側面を持ちながら、罪や命という深いテーマも盛り込まれているこの作品。
その世界観には多くの人が夢中になること間違いない。
僕は友達が少ないと思う方は、この漫画に熱中してみるのも良いかもしれない。