ちるらんの買取相場

タイトル ちるらん
作者 梅村真也、橋本エイジ
出版社 ノース・スターズ・ピクチャーズ
発売年 2012年
全巻・既刊 20巻

今回はちるらんの買取相場を調べてみました!

ちるらんの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
駿河屋 2220円
もったいない本舗 2140円
メディア買取ネット 2050円
アローズ 2010円
tsutayaの宅配買取 1740円
ブックステーション 1710円
ブックオフ 1540円
アップサイド 1490円
セコハンバイヤー 1380円
ネットオフ 1370円

ちるらんを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

ちるらんのあらすじと登場人物

最近、マンガ業界では歴史漫画ブームです。
もともと歴史漫画は男性から根強い支持がありましたが、近年は歴女とよばれる女性たちなどにもブームは波及しています。
刀剣を扱った展示会が開かれたり、歴史漫画が実写化して大成功するなど確実にファンを増やしている分野です。
刀剣に目を向ければ、これまでマイナーなジャンルと思われた薙刀(なぎなた)を題材にした『あさひなぐ』というマンガもあります。
こちらも映画化されて大ヒットしました。

さて、歴史漫画のなかでも特に人気の時代は幕末です。
マンガ『ちるらん』はまさに幕末を描いたマンガであり、幕末屈指の人気者である新撰組を主人公としています。
ただし、普通の歴史漫画とは一風変わっています。
新撰組をヤンキーマンガテイストにしているのです。
どういうことでしょうか。

ちるらんは新撰組の組長である永倉新八の伝記をベースにしたマンガです。
しかし、この新撰組を現代のヤンキーの集団と見立てたところに魅力があります。
そのため、歴史ギャグ漫画のようになっています。
連載されてすぐに話題を呼び、舞台化もされて、歴史漫画というジャンルに新しい風を吹き込みました。
そして2017年にはTVアニメ化もされて、さらにファンを獲得したといいます。