封神演義の買取相場

タイトル 封神演義
作者 藤崎竜
出版社 集英社
発売年 1996-2000年
全巻・既刊 全23巻(完結)

今回は封神演義の買取価格をご紹介します!

封神演義の全巻買取相場価格は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 2500円
いーあきんど 2480円
漫画買取ネット 2400円
buy王 2310円
萬月書店 1140円
もったいない本舗 1010円
アローズ 1000円
ブックステーション 920円
アップサイド 910円
リーヴルアンジュ 870円

封神演義を宅配買取した体験談

体験談体験談

封神演義(完全版):全18巻を4000円で売りました。

封神演義(完全版)全18巻を本棚の整理の一環で売ろうと決めました。近所に古本買取できるお店がなかったので、宅配買取で売ろうと決めました。5点から送料無料だったので、手数料は取られずに無事買い取っていただきました。


体験談体験談

封神演義全巻を宅配買取で売りました。

封神演義が好きで漫画前23巻ずっと持っていたのですがアニメ化する度に評判が悪くてもうファンでいるのが嫌になって宅配買取してもらいました。ただ買取に出したタイミングが良かったのか1200円くらいで買い取ってもらえたので良かったと思っています。


体験談体験談

封神演義1〜23巻を2,800円で売りました。

大好きだった封神演義を売ることにしました。23巻もあったので、他のマンガも合わせて宅配買取で買い取りしてもらいました。送料や手数料がとられることなく、高い査定金額を出して頂き満足しています。また利用したいです。ありがとうございました。

封神演義のあらすじと登場人物

封神演義は古代中国を舞台にした物語であり、週刊少年ジャンプ誌上で長期連載されていました。
現在の週刊少年ジャンプでは大正時代を舞台とした架空の存在である鬼との戦いをテーマとした鬼滅の刃が人気となっていますが、封神演義は現代のファンタジーではなく、実際に古くから存在している中国のファンタジーであるという特徴があります。
主人公である太公望は実際の歴史にも登場する存在ですが、封神演義では封神計画を推進する仙人として描かれます。
基本的なストーリーとしては世の中を狂わせている殷王朝の妲己を倒すための旅をすることになります。
仙人同士の戦いは宝貝と呼ばれる仙人の武器によって行われ、マンガ的な見どころも多いファンタジー色の強い作品になっています。
オリジナルの存在する封神演義ですが、マンガでは様々な部分がコミカルに描かれています。
少年漫画らしい友情?と勝利の物語に仕上がっています。
原作を知っている人でも楽しめますし、マンガの封神演義から物語に入った人は中華ファンタジーの一つとして原作にも興味を持つことになるでしょう。
古代中国を舞台にした物語であり実在の人物が多数登場していますので名前は憶えづらいところがありますが、魅力あるストーリーにはまると自然に覚えられます。