いぬやしきの買取相場

タイトル いぬやしき
作者 奥浩哉
出版社 講談社
発売年 2014-2017年
全巻・既刊 全10巻(完結)

今回はいぬやしきの買取相場を調べてみました!

いぬやしきの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 910円
いーあきんど 840円
漫画買取ネット 840円
buy王 810円
ブックサプライ 740円
ブックオフ 710円
リコマース 540円
らくらく書店 440円
DMM宅配買取 340円
楽-A(ガクヤ)買取 280円

いぬやしきを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

いぬやしきのあらすじと登場人物

大ヒット作のあとの作品というのは期待を集める分、難しいといいます。
例えば現在連載中のBORUTO(ボルト)は大ヒットした忍者マンガの続編ですが、原作者は監修のような形に退き、別の作者が担当しています。
大ヒットした作品の世界観を壊さないように、絵も話も慎重に進めながらいろいろと苦心が見られるでしょう。

『いぬやしき』の作者は奥浩哉です。
こちらも前作が大ヒットし、マンガはアニメ化され、実写映画にもなりました。
その奥先生の次回作ですから、いぬやしきには大きな注目が集まりました。

さて、いぬやしきは前作の雰囲気を残しながらもかなり野心的な作品です。
宇宙人がいるというSF的な設定は前作のSF要素を思い出させますが、今回はメインキャラクターとして初老の男性が起用されています。
普通、少年漫画は少年、もしくは青年男性が主人公になるのが通例ですが、今回は初老男性という珍しいキャラクターを持ってきました。
しかもキャラ設定は平均的な初老男性といったところ。
この男性がマンガの表紙にもなっており、他のマンガとは一線を画した雰囲気があります。

この男性があるとき超常的な力を手に入れることにより、世界を巻き込んだ大きな事件に遭遇するというのが現時点でのあらすじです。
まだ連載中ですが、アニメ化はすでに決定し、注目のマンガになっています。