将国のアルタイルの買取相場

タイトル 将国のアルタイル
作者 カトウコトノ
出版社 講談社
発売年 2007年
全巻・既刊 20巻

今回は将国のアルタイルの買取価格相場を調べてみました!

将国のアルタイルの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
ケセランパサラン 1630円
らくらく書店 1590円
あおば堂 1570円
ホビーマン 1510円
amazon買取サービス 1480円
アップサイド 1330円
ULSTORE 1190円
ブックセンター 810円
漫画買取マニアックス 720円
マンガ倉庫 690円

将国のアルタイルを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

将国のアルタイルのあらすじ

将国のアルタイルは、史上最年少でトルキエ将国の将軍になったマフムートがトルキエ国内の問題を解決し、古代ポイニキア帝国の復活を名分としてルメリアナ大陸全土の征服を目指すバルトライン帝国に対して三国軍事同盟を枢軸に反帝陣営を構築し戦いを挑む作品です。
マフムートは、帝国に蹂躙されたトゥグリル属の生き残りとしてトゥグリル族伝統の放鷲術を身に付けている事から犬鷲のマフムート将軍と呼ばれています。
マフムートは、戦略能力や戦闘能力、勇敢さなど将軍に必要な物全てを兼ね備えていながら、戦争自体を嫌う少年です。
イスカンダルは、いつもマフムートの傍に寄り添う犬鷲の雄であり、マフムートの戦略の一端を度々担っています。
ビルヒリオ・ルイは、版図拡大による帝国繁栄を掲げる主戦派の筆頭大臣であり、ルメリアナ大陸征服の主導者としてマフムートと対峙します。
シェヒル・カリル・パシャは、孤児となった5歳のマフムートの将軍へと導き、将軍就任後も様々な助言や忠告をする父親と師の両方の役割を担って来た将軍ですが、バルトライン帝国陸軍大将コランタン・ピノーとの戦いで命を落とします。
キュロス・イオス・アポロドロ水は、ポイニキア市長の子息かつ不良のリーダーですが、ザガノスの私設密偵網のクラックとギョスを統括する長官スレイマンと出会ってからクラックとして活動し、ポイニキア陥落後はマフムートと行動を共にしています。
NEW GAME!