少女終末旅行の買取相場

タイトル 少女終末旅行
作者 つくみず
出版社 新潮社
発売年 2014年
全巻・既刊 5巻

今回は少女終末旅行の買取相場を調べてみました!

少女終末旅行の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 710円
amazon買取サービス 690円
マンガ倉庫 600円
ときわ書店 510円
ホビーマン 490円
メディア買取ネット 490円
tsutayaの宅配買取 480円
リーヴルアンジュ 470円
くまねこ堂 400円
漫遊堂 310円

少女終末旅行を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

少女終末旅行のあらすじと登場人物

少女終末旅行とは、文明が崩壊し、全てが滅んでしまった世界で、ふたりぼっちになった少女2人が旅をする物語です。
クジラの子らは砂上に歌うと同じように、架空の場所ですが、こちらはもう少し地球の上というイメージがはっきりしている漫画です。
チトは冷静で知的な高所恐怖症の女の子で、数少ない本を読む事や日記を読む事を趣味としています。
ケッテンクラートというキャタピラの付いた乗り物を運転したり、修理したりすることが出来ます。
ユーリは、銃を扱うことができる好奇心旺盛で楽観的な、後先考えずに無茶をする食欲も旺盛な女の子です。
延々と続く廃墟を愛車ケッテンクラートに乗って旅を続けるうちにカナザワという男性と出会います。
彼は地図を書いていて、途中まで旅を共にしますが、別れる際、カメラをくれます。
次に出会った飛行機を作っている女性イシイと出会います。
彼女は飛行機で旅立ちますが飛行機は壊れ、本人はパラシュートで帰還します。
さらに旅を続ける2人は猫の様な白い言葉をしゃべろうとする生き物にヌコと名前をつけて飼うことにします。
このヌコの声はユーリが昔の人の墓から勝手に持って来てしまったラジオを通りして聞こえてきます。
ヌコは銃弾を食べるようで、いつもお腹を空かせているユーリは羨ましいと思っているようです。
時々ラジオから聞こえる歌の様な声の元を探して2人と1匹は旅を続けます。