約束のネバーランドの買取相場

タイトル 約束のネバーランド
作者 白井カイウ、出水ぽすか
出版社 集英社
発売年 2016年
全巻・既刊 7巻

今回は約束のネバーランドの買取相場を調べてみました!

約束のネバーランドの全巻買取価格相場は?

約束のネバーランドを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

約束のネバーランドのあらすじと登場人物

ノーベル文学賞の発表がありました。
受賞したのは日系イギリス人ということで日本でも大きな話題をよんだのは記憶に新しいところです。
彼の作風はどこかSFチックなところがあり、代表作はクローン人間をテーマにしたものでした。
人間ならざるものが設定のマンガには亜人(デミ)ちゃんは語りたいなどが挙げられますが、こうしたテーマは日本の作家の得意領域といえるでしょう。

今連載中のマンガのなかにもノーベル賞作家の影響を受けたと思われる作品があります。
それが少年誌で連載中の『約束のネバーランド』です。
これは舞台設定がおもしろいマンガで、あらすじを言ってしまえば、子どもたちが暮らしている謎の孤児院があります。
少年たちは孤児院で幸せに暮らしていましたが、孤児院にはいろいろと不可解な点が見つかっていくのです。

そして、主人公達は決定的な場面を目撃することにより、このネバーランドを脱出することを決意します。
物語の謎が少しずつ明かされていく展開は、かなり衝撃的で、ジャンルとしてはダークファンタジーにミステリーが加わったジャンルといえるでしょう。
かわいらしいキャラクターが凄惨な真実に巻き込まれていくというギャップもあり、目が離せないマンガです。