ダイヤのAの買取相場

タイトル ダイヤのA
作者 寺嶋裕二
出版社 講談社
発売年 2006-2015年
全巻・既刊 全47巻(完結)

今回はダイヤのAの買取相場を調べてみました!

ダイヤのAの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 710円
amazon買取サービス 690円
マンガ倉庫 600円
ときわ書店 510円
ホビーマン 490円
メディア買取ネット 490円
tsutayaの宅配買取 480円
リーヴルアンジュ 470円
くまねこ堂 400円
漫遊堂 310円

ダイヤのAを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

ダイヤのAのあらすじと登場人物

ダイヤのAは主人公である沢村栄純は長野県の中学校を卒業し、東京の野球名門校である青道高校で甲子園出場を目指すという野球漫画です。
物語は沢村栄純が中学校最後の野球大会で敗北した場面から始まります。
野球部は人数が少なく決して強豪校というわけではなかったものの、沢村栄純はピッチャーとして全国大会を目標にしていました。
そのため敗北のショックは大きく落ち込んでいたとき、青道高校からスカウトが来たのです。
沢村栄純は地元の仲間から離れることを拒みスカウトを一蹴しますが、見学に連れられていった青道高校のグラウンドでレベルの高さを目の当たりにし、入学を決意するというのがあらすじです。
主人公である沢村栄純は生まれつき関節が柔らかく、自然にボールを投げたつもりでも不規則に弾道が変化するというムービングボールを投げることができます。
当初は制御できなかったものの、一学年上の先輩でキャッチャーを務める御幸一也とのトレーニングによって徐々に制球力も身につけます。
沢村のライバルになるのが北海道出身の降谷暁で、剛速球を投げる正統派の豪腕ピッチャーです。
二人はライバルでありながらも同じチームのメンバーとして青道高校野球部を甲子園に導くべく共闘するのです。