ヒカルの碁の買取相場

タイトル ヒカルの碁
作者 ほったゆみ、小畑健
出版社 集英社
発売年 1999年
全巻・既刊 全23巻(完結)

今回はヒカルの碁の買取相場を調べてみました!

ヒカルの碁の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 800円
いーあきんど 640円
らくらく書店 540円
buy王 510円
ブックサプライ 440円
もったいない本舗 390円
アローズ 380円
ブックステーション 340円
アップサイド 300円
ネットオフ 280円

ヒカルの碁を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

ヒカルの碁のあらすじと登場人物

マンガによって有名になったスポーツや仕事は多くありますが、囲碁という世界にテーマを設定し、社会現象までなったマンガが、原作ほったゆみ、作画小畑健の『ヒカルの碁』です。

ヒカルの碁の主人公は進藤ヒカル。
キャラクターの風貌は最近アニメで話題になったメイドインアビスのキャラクターに少し似ています。
ヒカルは実家の納屋である碁盤を見つけるところからはじまります。
碁盤にうっすらと血が滲んでいるのを発見。
また謎の声も聞こえてきます。
碁盤に触れると烏帽子をかぶった平安貴族が現れます。
それが藤原佐為です。
佐為は平安時代に名のあった囲碁棋士でしたが、相手のイカサマに陥れられて、入水自殺をしました。
その未練から現世に幽霊として再び舞い戻ったのです。

ここからヒカルと佐為の共同生活が始まります。
はじめは囲碁に興味がなかったヒカルでしたが、佐為の登場とのちにライバルとなる塔矢アキラの登場によってだんだんと囲碁の世界に惹きつけられていきます。

ヒカルと佐為は神の一手とよぶ究極の囲碁を完成することができるのか、これがストーリーのだいたいのあらすじです。
このマンガを読んで囲碁棋士を目指した少年たちは多く、現在日本最強の囲碁棋士もヒカルの碁の大ファンだと公言しています。