双亡亭壊すべしの買取相場

タイトル 双亡亭壊すべし
作者 田和日郎
出版社 小学館
発売年 2016年
全巻・既刊 7巻

今回は双亡亭壊すべしの買取相場を調べてみました!

双亡亭壊すべしの全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 800円
いーあきんど 640円
らくらく書店 540円
buy王 510円
ブックサプライ 440円
もったいない本舗 390円
アローズ 380円
ブックステーション 340円
アップサイド 300円
ネットオフ 280円

双亡亭壊すべしを宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

双亡亭壊すべしのあらすじと登場人物

藤田和日郎先生の久しぶりの新作が始まりました。
マンガのタイトルは『双亡亭壊すべし』です。
2016年の7月から連載開始しており、藤田和日郎先生にとっては初のジャンルであるモダンホラー作品となっています。
多くの作品がアニメ化された先生の作品ですから、この作品も巻数がたまればアニメ化されるかもしれません。

最近、アニメ化されて話題になった作品といえばメイドインアビスがあげられます。
ウェブマンガで連載中のメイドインは2017年にアニメ化されて、この年でも有数のヒット作になりました。
物語は深さ1000メートルを越え、人類秘境の土地「アビス」のまわりに作られた街にすむ主人公が、アビスへの探検を挑むというのが主なあらすじとなります。

このマンガはとても愛らしい絵でありながら、ダークファンタジー的な要素があり、そのギャップがヒットした要因でしょう。
さらに、物語のキーポイントであるアビスの構造へも注目が集まりました。
深さ1000メートルを超える縦穴のアビスには、潜れば潜るほど新しい世界が広がっています。
そもそもアビスという言葉は深淵という意味で、潜っていくほどに、このアビスに隠された秘密が明かされるという展開です。
ミステリー的な要素もあって、続きが読みたくなるマンガだといえます。