高台家の人々の買取相場

タイトル 高台家の人々
作者 森本梢子
出版社 集英社
発売年 2012-2017年
全巻・既刊 全6巻(完結)

さっそく、高台家の人々の全巻買取相場を発表したいと思います。

高台家の人々の全巻買取価格相場は?

高台家の人々を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

高台家の人々のあらすじと登場人物

漫画高台家の人々は、祖母高台アンからの隔世遺伝で高台家長男の光正と長女の茂子、次男の和正の3兄弟は人の心や思考を読み取る事が出来、常識を逸脱した過激な妄想をする平野木絵が光正の嫁となる事で和正や茂子に妄想の衝撃を与える一方で母由布子にも認められ、最後には妊娠と言うハッピーエンドを迎える漫画ですが、ホリー・ジョーンズの登場により木絵が嫉妬し夫婦の危機を迎える緊迫の場面も妄想で乗り越えてしまう漫画です。
平野木絵は、容姿平凡かつ品格の不足した元華族の名門家の嫁としては相応しく無い女性ですが、天然ボケの素直な人格と常識を逸脱した妄想で光正の心を得ます。
高台光正は、元華族出身の高学歴にしてスポーツ万能の性格の良いイケメンと完全無欠の男性です。
高台アンは、イギリスのペドラー伯爵の一人娘にしてイタズラ好きで駆け落ちの様に結婚した行動派の70歳の女性であり、光正の父とロンドンに在住しています。
高台由布子は、財閥令嬢らしく高台家内では自分のやりたい様に振舞っており木絵に対しても光正を諦める様に言い放ちますが、祖母アンの説得により結婚を許します。
高台茂子は、特殊能力にコンプレックスを感じている容姿端麗な女性ですが、木絵の妄想に乗せられ岸本浩平にアプローチをかけます。
末っ子の高台和正は、祖母アンのイタズラ好きが遺伝したひねくれ者ですが、光正に恋情を抱く斎藤純に嫉妬する純情さも兼ね備えています。