BLUE GIANT(ブルージャイアント)の買取相場

タイトル BLUE GIANT(ブルージャイアント)
作者 石塚真一
出版社 小学館
発売年 2013-2016年
全巻・既刊 10巻(完結)

BLUE GIANT(ブルージャイアント)は、偶然ジャズを耳にした宮本大が音楽に興味を持ち、ジャズを聴くだけではなく自ら演奏する道を歩む漫画作品です。

今回はBLUE GIANT(ブルージャイアント)の買取相場を調べてみました!

BLUE GIANT(ブルージャイアント)の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 800円
いーあきんど 640円
漫画買取ネット 540円
buy王 510円
ブックサプライ 440円
もったいない本舗 390円
アローズ 380円
ブックステーション 340円
アップサイド 300円
ネットオフ 280円

BLUE GIANT(ブルージャイアント)を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

BLUE GIANT(ブルージャイアント)のあらすじと登場人物

宮本大は初めてジャズを聴いたときにその印象が忘れられず、ライブハウスに足を運びます。

そこで耳にした生演奏によって一気にジャズの虜になり、自らサックスを演奏するジャズプレイヤーの道を歩み始めるのです。

当初は独学でサックスの練習をしていましたが、近所で音楽教室を開いていた由井という人物に見いだされて指導を受けます。

由井先生の指導によって演奏技術が大幅に上達し、師弟関係となるのです。

高校卒業後は仙台を出て上京し、高校時代の友人で東京の大学に進学した玉田とジャズピアニストである沢辺の三人でバンドを組み、東京の名門ジャズクラブでステージに立つことを認められるほどの若手有望株に成長するのです。

主人公である宮本大は明朗な性格で、自分が世界一のジャズプレイヤーになることを信じて疑いません。

その一方で努力家でもあり、師匠とのレッスンだけでなく河川敷でも練習をするなどサックスの魅力にとりつかれているのです。

師匠の由井先生はピアノや声楽も教えていますが、宮本の指導に当たるときだけ非常に感情的になり激しいレッスンを繰り広げます。