CLANNAD(クラナド)の買取相場

タイトル CLANNAD(クラナド)
作者 みさき樹里
出版社 月刊コミックラッシュ
発売年 1975-1979年
全巻・既刊 全1巻(完結)

今回はCLANNAD(クラナド)の買取相場を調べてみました!

CLANNAD(クラナド)の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 800円
いーあきんど 640円
らくらく書店 540円
buy王 510円
ブックサプライ 440円
もったいない本舗 390円
アローズ 380円
ブックステーション 340円
アップサイド 300円
ネットオフ 280円

CLANNAD(クラナド)を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

CLANNAD(クラナド)のあらすじと登場人物

CLANNAD(クラナド)とは、主人公である「岡崎朋也」とヒロインである「古河渚」が出会い、恋をして、結婚し共に人生を歩んでゆく姿を追ったアニメーション作品である。

或る事件がきっかけで心に傷を負い、不良となってしまった高校生、岡崎朋也は、ある日の朝、登校中の道で「古河渚」という少女と出会う。
渚と知り合ったことで朋也のつまらなかった高校生活に変化が訪れ、友達が増え、彼自身も変わっていく。
渚と過ごしていく日々の中で、朋也は渚のことを好きになっていく。
朋也はほかの多くの登場人物と複雑な人間関係を持ちながらも、楽しい毎日を渚と過ごす。
朋也と渚の前には多くの壁が立ちはだかるも、それを乗り越えて二人は結婚して子供を産み、幸せになっていく。

登場人物

・岡崎朋也
主人公の男子高校生。
不良少年だったがヒロインの渚と出会って変わっていく。
・古河渚
ヒロインの女子高校生。
穏やかな性格をしている。
演劇部の活動の中で朋也と親しくなっていく。
・春原陽平
主人公である朋也の親友であり悪友。
挫折というバックボーンを朋也と共有している。
・藤林椋
朋也のクラスの委員長であり、朋也に好意を持っている。
占いが好きであり得意。
・藤林杏
椋の双子の妹。
クラスは違うが朋也と仲がいい。
杏も朋也への好意を抱いているが、椋の手前それを隠している。

ほか、登場人物多数。