ドラゴン桜の買取相場

タイトル ドラゴン桜
作者 三田紀房
出版社 講談社
発売年 2003-2007年
全巻・既刊 全21巻(完結)

今回はドラゴン桜の買取相場を調べてみました!

ドラゴン桜の全巻買取価格相場は?

漫画買取業者 全巻セット買取額
Vaboo(バブー) 2800円
いーあきんど 2640円
らくらく書店 2540円
buy王 2510円
ブックサプライ 1440円
もったいない本舗 1390円
アローズ 1380円
ブックステーション 1340円
アップサイド 900円
ネットオフ 780円

ドラゴン桜を宅配買取した体験談

体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中


体験談体験談

募集中

ドラゴン桜のあらすじと登場人物

ドラゴン桜は、父親が保険金自殺をしてしまった事により暴走族となった経歴を持つ弁護士の桜木建二が虎ノ門に弁護士事務所を開業する為、5年計画で東大合格者100人出す事により経営破綻寸前の私立龍山高等学校の運営を軌道に乗せようとし、各教科の伝説的な講師を集め特進クラスの生徒に受験テクニックを教え成績を引き上げて行く漫画です。
特進クラスの生徒には、母の生き方を否定する水野直美と裕福な家庭に産まれながらも劣等感を持つ矢島勇介、虚弱体質ながらも確かな実力を持つ栗山祥太、東大を芸能界の足がかりと考える西崎麻美がおり、バラバラだった生徒も次第に絆を強めていきます。
講師陣には、高校数学の鬼と呼ばれる伝説の柳塾の塾長の柳鉄之介と英語をエアロビと融合した学習法を実践する川口洋、芥川龍之介をモデルとした芥山龍三郎、お見合いパーティーで桜木と知り合った井野真々子、教育に独自の理論を持つ数学教師の高原浩之、落ちこぼれ生徒と共に自身も成長して行く国語教師の宮村沙知子、最後に合流した阿院修太郎がおり、常識外れな学習法も徐々に生徒達に受け入られ成績も上がっていきます。
ドラゴン桜は、実際の東大受験にも通用する学習法だとして話題となりましたが、作中では特進クラスの生徒全員が東大に合格出来ず少し残念なエンディングです。